事故で廃車に!買取業者6選

事故車を廃車する場合のポイントについて

TOP > 事故で廃車になった車について > 事故車を廃車する場合のポイントについて

事故車を廃車する場合のポイントについて

事故車を廃車する場合にはいくつかポイントがあるので、どの方法で行うのかしっかり理解して順序よく進めていく必要があります。
方法は個人で行う方法と廃車専門業車にお願いする方法があります。
自分で行う場合はまず専門の解体業車にお願いして解体証明書を発行してもらいます。
その後に市役所や陸運局で手続きを行い必要書類の作成やナンバープレートの返却や税金の抹消手続きなど、細々とした事を行う必要があります。
そういった事が面倒だなと思う場合は、専門業車にお願いするといいでしょう。
なんといっても面倒な手続きを無料で代行してもらえるのは最大の利点になります。
なんといっても嬉しい点は、キャッシュバックを受けられるかもしれない点です。
あまり期待していない中でお金がもらえれば非常に嬉しいですよね。


絶対に忘れてはいけないのは廃車手続きをしっかりと行う事です。
そうしないと税金の納付書が送られてきますし、税金の還付も受ける事が出来ません。
個人で行うといろいろ大変なので、業車にお願いすれば全て代行してくれるので楽です。
保険の解約も忘れずに行う事が重要です。
自賠責保険も有効期間が残っていれば残金が戻ってきます。
廃車が決まったら出来るだけ早く手続きを進めたいです。
廃車にする場合も一時的に行うのか永久に乗らないのかで違ってきます。
また事故を起こした段階でローンを払っている事も多いと思います。
ローン支払い中だと所有権は自分にはないのでまず解除してもらう必要があります。
この場合は残金を払い終わってから手続きを開始するか、残金の支払いを条件に所有権解除を行なってもらう2種類の方法があります。
注意しておきたい部分ですね。


事故車を廃車するのに大事なポイントは、自分で行う時に手間がかかり解体費用が発生してしまう可能性があることです。
解体業車にお願いすれば全て行ってもらう事が出来て、税金や保険料の還付も忘れずに行ってもらえるのでメリットが大きいと言えるでしょう。
オークションという方法もあるのですが出展料がかかるので、お金がかかる事に不安がある場合はお勧めする事は出来ません。
一時廃車と永久廃車では準備する書類も違うので十分に注意が必要です。
間違ってしまうと永久に乗れなくなってしまう可能性もあるので、きちんと事前チェックする事が大事です。
解体業車を選ぶ場合は、見積もりを複数出して納得出来る所にお願いするといいです。
不安な点にきちんと答えてくれる所なら安心して任せる事が出来るでしょう。

次の記事へ